2010年03月19日

受難・レントの賛美歌

とても久しぶりの更新になりました。


讃美歌21には受難・レントの曲として24曲が収録されています。
一見、数が増えたように感じますが、54年度版にはU編というものがあったので、実はそうでもありません。


全体の数として、54年度版のものは半分くらいの割合で入っているような気がします。
そして、21で登場した讃美歌はほとんどが著作権付きなので、ご紹介が出来ないものが多いです。


その中で、54年度版で非常にメジャーな讃美歌136番「血しおしたたる」が2パターンになっています。


311番 血しおしたたる

HERZUCH TUT MICH VERLANGEN / Hans Leo Hasssier, 1564-1612



310番 血しおしたたる

HERZUCH TUT MICH VERLANGEN / Hans Leo Hasssier, 1564-1612



311番が従前のものと同じ、310は同じ曲の別パターンとなっています。
正直・・・歌いにくいメロディーです。


いいと思うものはほとんど著作権がついている21の新賛美歌のなかから。
これは著作権のないものを1曲ご紹介しておきます。


313番 愛するイェス

HERZUEBSTER JESU / Johann Criger, 1598-1662



後、もう1曲。
54年度版讃美歌の中で、私のとても好きな大曲。
もちろん、21には入っていません。


54年度版讃美歌第U編 231番 罪、とが、不義、悪

Georg Friedrich Handel, 1685-1759



原曲はヘンデルで、ハープシコード組曲という曲集の「サラバンド」という名だったと思います。
原曲に合わせ、ハープシコード音色にしてみました。



posted by sora at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 讃美歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

キャロリングの讃美歌

さて、北六甲教会のキャロリングで歌う讃美歌をご紹介します。


まずは、毎年歌っている2曲。
ご要望により、練習用のベースパートのみのMIDIも用意しました。


54年度版讃美歌111番 神の御子は (21では259番)

54年度版讃美歌 111番 神の御子は

ADESTE FIDELES / John F. Wade, Lancashire, 1751

54年度版讃美歌 111番 神の御子は(ベースパート)




54年度版讃美歌112番 もろびとこぞりて (21では261番)

54年度版讃美歌 112番 もろびとこぞりて

ANTIOCH / Georg Friedrich Handel's The Messiah 1742


54年度版讃美歌 112番 もろびとこぞりて(ベースパート)




さて、今年は都合により、もう2曲加わります。


54年度版讃美歌106番 荒野のはてに (21では263番)

54年度版讃美歌 106番 荒野のはてに

IRIS (GLORIA) / Traditional French Carol


54年度版讃美歌 106番 荒野のはてに(ベースパート)



 ↑ ディスカント部分をフルートで入れていただく予定なので、それも加えてあります。
(音がかなり合わないのですが・・・これが一番マシだったくらいなので、ご容赦を;;)


54年度版讃美歌109番 きよしこのよる (21では264番)

54年度版讃美歌 109番 きよしこのよる

STILLE NACHT / Franz Gruber, 1818


 ↑ 全員で主旋律を斉唱することになるので、ベースパートMIDIはなしです。


4曲とも、クリスマスの讃美歌としては超・メジャーな曲です。
もちろん、21にもどれも入っています。


111番「神の御子は」のメロディーがほんの一部変わっていますが、他はメロディーも和音も変わりません。
(「神の御子は」だけは歌詞も変わっていますが、あとは歌詞すらそのままです。有名すぎるのかな?)
ただ、106番「荒野のはてに」はサビの部分がどのパートもかなり賑やかに変わっています。
この変更だけは、結構いいなと思いました。


余裕があれば、次回にでも、21版の「荒野のはてに」をご紹介しますね。


posted by sora at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 讃美歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

消えた讃美歌−クリスマス

さて、54年度版の有名どころはほとんど網羅されていると言いましたが。
第U編に関しては、まったくそうではないのに気付いてびっくりしました。
むしろ、原曲が有名なもの、メロディアスなものは外されている気がします。

例えばどんなものが外されているか、MIDIを作ったので並べてみます。


54年度版讃美歌第U編 52番 われらはきたりぬ

THREE KINGS OF ORIENT / John Henry Hopkins Jr., 1857



54年度版讃美歌第U編 56番 主はその群れを

MESSIAH / Georg Friedrich Handel "Messiah2, 1741



54年度版讃美歌第U編 89番 この日 主うまれましぬ

HODIE CHRISTUS NATUS EST / グレゴリオ聖歌



54年度版讃美歌第U編 121番 こよい鳴りわたる

SUSSER DIE GLOCHEN NIE KLINGEN / ドイツ・カロル



54年度版讃美歌第U編 128番 世のひと忘るな

GOD REST YOU MERRY / 18世紀イギリス・カロル



他に、第U編随一の大曲に挑戦してみました。


54年度版讃美歌第U編 219番 さやかに星はきらめき

O HOLY NIGHT / Adolphe Charles Adam, 1803-1856



番外で、54年度版に入っていたのに、あまりクリスマスの曲としてメジャーではなかった曲。
(「児童」のところに入っていたせいでしょうが・・・)
これも21ではなくなっていて残念な曲です。


54年度版讃美歌 469番

IRBY / Henry John Gountleft, 1849



どれも、少なくとも私にとっては思い出深い曲なのですが・・・。
他にもあるのですが、著作権が設定されているため、今日ご紹介することは出来ません、残念です。


posted by sora at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 讃美歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

讃美歌21のクリスマス 1

讃美歌21はクリスマス関係の讃美歌が増えていると思います。
導入3年目の今回、ようやくじっくりと見てみました。

54年度版讃美歌に入っていたクリスマスの讃美歌は、軒並み網羅されています。
無くなっているものは、「今まで歌ったことがない」というものばかりです。

ただ、歌詞が変わっていたり和声が変わっていたりはしますが・・・。

中には、54年度版ではクリスマスのところになかった曲が、クリスマスの曲に入っているものもあります。

その中で、230番「起きよ」と呼ぶ声のMIDIを作ってみました。


讃美歌21 230番 「起きよ」と呼ぶ声

WACHET AUF / Philipp Nicolai 1556-1608



54年度版では「再臨」という項目に入っていますが、今まで歌ったこともない曲でした。
今見ると、歌詞も古めかしいし、少し歌いにくい曲ですね。
ちなみに、こちらでもMIDIを作ってみました。


54年度版讃美歌 174番

WACHET AUF / Philipp Nicolai 1599



他に、54年度版第U編から入った讃美歌を1曲。


讃美歌21 229番 今きたりませ

NUN KOMM, DER HEIDEN HEILAND / Enchindion, 1524



こちらは、旧版の方が断然いいので残念です。


54年度版讃美歌第U編 96番

NUN KOMM, DER HEIDEN HEILAND / Geystlickes Gesangk Buchleyn, Wittenberg, 1524



旧版の方が、すっきりと綺麗な和音だと思います。


posted by sora at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 讃美歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。