2009年12月08日

キャロリングの讃美歌

さて、北六甲教会のキャロリングで歌う讃美歌をご紹介します。


まずは、毎年歌っている2曲。
ご要望により、練習用のベースパートのみのMIDIも用意しました。


54年度版讃美歌111番 神の御子は (21では259番)

54年度版讃美歌 111番 神の御子は

ADESTE FIDELES / John F. Wade, Lancashire, 1751

54年度版讃美歌 111番 神の御子は(ベースパート)




54年度版讃美歌112番 もろびとこぞりて (21では261番)

54年度版讃美歌 112番 もろびとこぞりて

ANTIOCH / Georg Friedrich Handel's The Messiah 1742


54年度版讃美歌 112番 もろびとこぞりて(ベースパート)




さて、今年は都合により、もう2曲加わります。


54年度版讃美歌106番 荒野のはてに (21では263番)

54年度版讃美歌 106番 荒野のはてに

IRIS (GLORIA) / Traditional French Carol


54年度版讃美歌 106番 荒野のはてに(ベースパート)



 ↑ ディスカント部分をフルートで入れていただく予定なので、それも加えてあります。
(音がかなり合わないのですが・・・これが一番マシだったくらいなので、ご容赦を;;)


54年度版讃美歌109番 きよしこのよる (21では264番)

54年度版讃美歌 109番 きよしこのよる

STILLE NACHT / Franz Gruber, 1818


 ↑ 全員で主旋律を斉唱することになるので、ベースパートMIDIはなしです。


4曲とも、クリスマスの讃美歌としては超・メジャーな曲です。
もちろん、21にもどれも入っています。


111番「神の御子は」のメロディーがほんの一部変わっていますが、他はメロディーも和音も変わりません。
(「神の御子は」だけは歌詞も変わっていますが、あとは歌詞すらそのままです。有名すぎるのかな?)
ただ、106番「荒野のはてに」はサビの部分がどのパートもかなり賑やかに変わっています。
この変更だけは、結構いいなと思いました。


余裕があれば、次回にでも、21版の「荒野のはてに」をご紹介しますね。


posted by sora at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 讃美歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135075319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。