2009年11月23日

消えた讃美歌−クリスマス

さて、54年度版の有名どころはほとんど網羅されていると言いましたが。
第U編に関しては、まったくそうではないのに気付いてびっくりしました。
むしろ、原曲が有名なもの、メロディアスなものは外されている気がします。

例えばどんなものが外されているか、MIDIを作ったので並べてみます。


54年度版讃美歌第U編 52番 われらはきたりぬ

THREE KINGS OF ORIENT / John Henry Hopkins Jr., 1857



54年度版讃美歌第U編 56番 主はその群れを

MESSIAH / Georg Friedrich Handel "Messiah2, 1741



54年度版讃美歌第U編 89番 この日 主うまれましぬ

HODIE CHRISTUS NATUS EST / グレゴリオ聖歌



54年度版讃美歌第U編 121番 こよい鳴りわたる

SUSSER DIE GLOCHEN NIE KLINGEN / ドイツ・カロル



54年度版讃美歌第U編 128番 世のひと忘るな

GOD REST YOU MERRY / 18世紀イギリス・カロル



他に、第U編随一の大曲に挑戦してみました。


54年度版讃美歌第U編 219番 さやかに星はきらめき

O HOLY NIGHT / Adolphe Charles Adam, 1803-1856



番外で、54年度版に入っていたのに、あまりクリスマスの曲としてメジャーではなかった曲。
(「児童」のところに入っていたせいでしょうが・・・)
これも21ではなくなっていて残念な曲です。


54年度版讃美歌 469番

IRBY / Henry John Gountleft, 1849



どれも、少なくとも私にとっては思い出深い曲なのですが・・・。
他にもあるのですが、著作権が設定されているため、今日ご紹介することは出来ません、残念です。


posted by sora at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 讃美歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。